私は、現在空手ダイエットに挑戦中です。この1年たらずで、7キロの減量に成功しているので、それなりに、自信をもっておススメできます!

私がダイエットをする決意をしたきっかけは、1年ほど前の職場の健康診断でした。
毎年やっている事なので、特に気にすることもなく受けたのですが、診断結果は泣きたくなる位酷いものでした…。ほとんどの項目が要注意とか、再健診が必要などど書かれてしまいました。

さすがに焦って、次の日から食事制限ダイエットをはじめましたが、これは大失敗に終わりました。いろんな料理のカロリーなどを調べて、ダイエットメニューを作り挑戦しましたが、手間暇かかって面倒な上に、生活を送る上での楽しみが無くなってしまいました。
余計なストレスを抱え込んだせいで仕事にも悪影響がでてきてしまい、食事制限ダイエットは1ヶ月足らずで挫折してしまいました。1キロ程度減量できましたから、まるっきり失敗ではないかもしれませんが、どう考えても払った努力に見合った成果が得られたとは思えませんでした。まあ、根性無しの言い訳にすぎないきもしますが(笑)。

次に、運動をして贅肉を落とすと同時に、筋力をつけてカロリー消費がしやすい体質になろうという方向に、ダイエットの方針をかえました。
ただ、ここで問題になったのが、どんな運動をすれば良いかという事でした。1人で黙々と辛い運動を継続できるタイプではないので、大勢でできる種目を探していた所、職場の同僚が紹介してくれたのが、空手でした。
武道なんてやった事無かったので断ろうとしましたが、いつの間にやら口車にのせられてしまい、体験入門する事になり、それ以来1年ほど空手を続けています。

スポンサードリンク

空手の効能

稽古の内容ですが、準備体操→基本稽古→移動稽古という流れは、ほぼ毎回変わりません。
基本稽古とは、空手で使うパンチやキックや防御などを繰り返すのですが、基本といいつつかなりの運動量になります。特にキックが疲れます。日常ではまず使わない動きなので慣れませんし、体全体を使う必要があります。両足で20回ずつくらい蹴っただけで、汗がかなりでてきますよ。ただ、腰をまわして蹴る事で、贅肉に多大な負荷をかけるせいか、お腹や腰まわりを驚くほどシェイプアップする事ができます!
パンチは、キックほど疲れませんがやはり全身を使いますし、素早く正確に打つ事をイメージして練習していると、それなりに大変です。
移動稽古というのは、基本稽古で覚えた動きを、腰を落として前後に移動しながら、繰り返すというものです。
この練習は、それほどスピードは意識しなくて良いのですが、腰を落とした態勢で動きながら行うので、とにかく太ももや腰の辺りが疲れます。始めたての頃は、何度かつりそうになった位です。これには、足腰を鍛えるというだけでなく、動きながら正確に攻撃や防御が出来る様になるという目的があります。
私は、この移動稽古が1年たった今でも苦手です。体力的にキツイというのももちろんありますが、下半身をしっかり鍛えるという事は当たり前ですが、足が太くなってしまうという事なんですよね(泣)。筋力をつける事が目的だったとはいえ、両足が太くなっていくのを実感するというのは、かなり複雑です。以前のように、不健康に浮腫み気味というよりはマシなのでしょうが、今まではけていたズボンの、太ももや足首部分がパッツンパッツンになってしまい、買い換えなくちゃいけなくなってしまった時には、このまま空手を続けていいものやらと、かなり悩んでしまいました。

スポンサードリンク

移動稽古の後は、その日によって色んなメニューを行いますが、私が大好きなのはミット打ちです。
これは、その名の通り相手の構えたミットに向かってパンチやキックを打ち込んでいく練習です。運動量はありますが、いわゆるファイティングポーズの状態で動けるので、移動稽古と比べると体力的には割と楽です。それに、こちらはダメージを一切受けることなく、ひたすら何かに攻撃できるというのは、本当にストレスが発散できます。
何か、とてもアブナイ人の様に聞こえてしまうかもしれませんが間違いなく事実です(笑)。

この様に空手を練習するだけで、体力や筋力の増強、シェイプアップ、ストレス解消などに関して、とても大きな効果を得る事ができます!!
また、練習後はクタクタに疲れているので床についたら、すぐに深い眠りに入ることができます。以前、ストレスのせいか軽い不眠症にかかってしまい睡眠薬をのんでいた時期がありました。その頃と比べると、睡眠時間といい起床時の爽快さといい段違いの快適さです!

空手ダイエットのデメリット

今まで、メリットばかりを書いてきましたが、やはりデメリットもあります。
その最大のものは、やはり怪我をするリスクが他の運動に比べて高いという事でしょうか。
私も、この1年で何回か捻挫や突き指をしています。まあ、私の場合は完全に自分の打ち方や握り方がおかしかったせいで負ってしまったケガですし、なおるまで大した時間もかからなかったのですが、空手家の中には組手などの最中に骨折してしまう人がザラにいるそうです。

ただ、これは道場の方針により、事情は大分異なる気がします。
私の通っている所は、先生は社会人の道場生にたいして丁寧語で接してくれますし、練習についていけなくなった場合は自分の判断で中断して、見学に切り替えてもかまわないといったライトな方針です。おかげで練習中の雰囲気も明るく、無茶もしないので、幸い、大ケガを負った事も見た事もありません。

ただ、学生時代の武道部の雰囲気を残している様な道場は、強くなれるかわりにケガを負うリスクも高い気がします。
どちらを選ぶかは、その人次第ですが、ダイエット目的ならライトな練習で十分効果がありますよ。

まとめ

ダイエットの画像

私の体験を交えて空手ダイエットについて書いてみましたが、どうでしょうか?
今まで、何回もダイエットにチャレンジしてみたけど、どれも続かなかったという方には、おススメです。
チャレンジする時の、敷居は結構高いと思いますが、いざやってみると面白いですし、効果は抜群、おまけに身を守る技術も身に付けれます!!
金銭的にも、スポーツジムなどに通うよりもお得な道場がほとんどだと思います。

ただ、1つ重要なポイントですが、必ず道場の方針や雰囲気が自分に合っているのかを確認してください。これが合っていないと絶対長続きはしないと思います。
確認する為には、体験入門を利用するのが良いと思います。どの道場でも1~2週間は無料で練習できるのでしっかり吟味しましょう。
週2位のペースで3ヶ月も練習してれば、必ず目に見える成果が出てきます!騙されたと思ってやってみてください!

スポンサードリンク