女性の健康にとって大敵と言えばなんといっても「冷え」ですよね。かくいう私も数年前まで平熱が35.5度という超冷え性で、冬だけでなく年間通して身体の冷えに悩まされてきました。しかし、数年前に「これではいけない!」といろいろ調べたり人に聞いたりして、いいと言われる事をいろいろ試し、私なりに「温活」に励んだ結果、少しずつ改善してきています。そこで、「超」が付く冷え性の私が実際にやってみて効果ありと思ったおすすめの方法を、いくつかご紹介します。

人によって違う冷えの原因

一口に「冷え」と言っても、感じ方は人それぞれ。まずは「冷え」にどんなタイプがあるかみてみましょう。

末端冷えタイプ

とにかく手足がいつも冷たくて寝る時にも靴下が手放せないというようなタイプですね。血行不良のために手足の末梢血管にまで血液がいきわたっていないのが原因です。一般的に女性は男性に比べて血管が細いため血液の流れも滞りやすいことから、手足の血行が悪くなりがちなのだそうです。

下半身冷えタイプ

お腹から下が冷えるという人がこのタイプですが、中には上半身はどちらかといえば暑く、のぼせがちで汗っかきという場合もあるようです。これは冷えがある程度進んでしまった状態で、体内の内臓温度が下がっているのが主な原因です。女性はそもそも男性よりも筋肉量が少なく熱を生み出しにくい構造です。そのため血管によって全身に運ばれた血液を心臓に戻すポンプ機能も低いのです。その結果全身が血行不良になり、内臓の動きが鈍り温度も低下することになります。

また、このタイプの中には下半身とは逆に上半身は汗をかいたり、手足がほてりがちであるため自分では冷えに気づかないでいる人がいます。いわゆる「隠れ冷え性」です。特にどこも悪くないのになんとなく体調が悪いといった場合は、この「隠れ冷え性」が原因かもしれないので注意が必要です。

全身冷えタイプ

手足や下半身だけにとどまらず、全身に冷えを感じたり、他の人が快適だと思うような温度の場所でも寒いと感じてしまうような人がこのタイプです。人間にはもともと環境に合わせて体温を調節する仕組みが備わっています。しかし現代人は小さいときからエアコンのある環境で育ち、この体温調節機能を育てる機会が昔ほどありません。それに加えて戸外と空調の効いた室内の温度差に頻繁にさらされたり、天候不順による寒暖差があったりすることでますます体温調節がうまくいかなくなります。さらに、温度差などの物理的ストレスのほかに、仕事や育児、人間関係といった心理的ストレスによる自律神経の乱れから、やはり体温調節ができなくなり、いつのまにか絶えず全身が冷えている状態になってしまうことがあります。

私が冷え性と向き合ったきっかけ

温活の画像

ここまで、いろいろなタイプの「冷え」を見てきましたが、私自身は、10代のころから長年末端冷えや下半身冷えに悩んでいました。そして結婚、出産、育児とライフステージを進む中で、気付けばガンコな下半身冷え、最近はついに全身が冷え冷え、夏でも羽織ものを手放せなくなっていました。

毎日のように足のむくみとだるさに悩み、肩こり頭痛は当たり前、疲れやすく皮膚炎などの炎症も繰り返すという、「病気じゃないけどなんだか不調」という状態が続くようになりました。でもそのころの私は、そういった不調が冷えからくるものだと気付いていませんでした。本格的に温活を始める前の私は、冬は厚手の靴下を3枚履いても冷えて、夏には大汗をかきながらも上着を羽織っていないと寒くて震えてしまうようにでなっていました。そうなるとやはりどう考えてもおかしいと自分でも思うようになり、この「冷え」をどうにか直したいと真剣に考え始めました。

冷えについて調べていく中で分かったことは、どんな冷えもやっぱり基本の対策はだいたい次のようなことだということでした。

  1. まずはやっぱり温める
  2. 血行を促進して代謝を上げる
  3. 筋肉を増やす

この3つの対策のために具体的に私はいろいろなことを試してみました。ここではその中から、私自身が効果を実感したものだけを選んで、ご紹介します。

おすすめの温活 ~あったか編~

ガンコな「冷え」を克服するにはやっぱりまずは温めることが重要です。とは言えただ温かいものを食べたり厚着をしたりするだけでは効果は一時的。どうせならきちんと身体を温めたいですよね。

身体を温める方法としてまず考えられるのはマフラーを巻いたり、手袋、厚手の靴下などで保温したりすることです。このときよく言われるのが首、手首、足首など「首」のつく場所を温めると良いということですね。これらの場所は動脈が身体の表面近くにあるため外気温の影響を受けやすい部分だから、そこを冷やさないようにするとよいのです。しかし、四六時中マフラーやリストウォーマーをしてるわけにもいきません。それに、かつての私のように冷えが進んで内臓冷えにまでなってしまうと、熱を逃がさないだけでは足りません。10代の頃から長い間冷えに悩んできた私は、いろいろな携帯カイロなどを使いました。でもどれも一長一短。これだ、というものは見つけられずにいました。ですが、数年前、とうとう私は「これが一番頼りになる」と思えるものを見つけました。

めぐリズム 蒸気の温熱シート(肌に直接貼るタイプ)/花王

めぐリズム蒸気の温熱シートの画像

花王から発売されている「めぐリズム 蒸気の温熱シート」。この商品はもともと肩こりや腰痛が辛い人が、温めることでこりや痛みをほぐすためのものです。初めは私も腰のあたりに貼ったりしていたのですが、あるときふと思いついて、これを首のうしろの出っ張った骨の少し下のあたりに貼ってみたのです。

そうしたら、そのなんと暖かいこと。それまでは携帯カイロをいくつも下着に貼ったり、ポケットに入れたりしていたのですが、この「めぐリズム 蒸気の温熱シート」を首の後ろに1枚貼ると、それだけで全身が暖まり、気持ちまでほっこりしてきます。そのとき貼った首のうしろは、思い返してみると、もう何年も前にある中国人の知り合いから「中国ではここから風邪が入ると言います」と教えてもらった場所でした。中国の人の真面目な顔を思い出し、なんとなくいいような気がして貼ってみたのです。あとで調べてみるとそこは「風門(ふうもん)」というツボで、やはり風邪がそこから出入りすると考えられている場所でした。

さらにこの温熱シート、足首に貼ってもとてもいい感じです。貼り方は足首の後ろにシートの中心を合わせ、後ろから前にくるむように貼り、その上から靴下を履きます。いつも冬場は靴下3枚重ねの私でしたが、このシートを貼っているときは1枚で大丈夫。これは本当に暖かいです。足首に直接貼るのでスカートにパンプスなどで外出するときはさすがに使えませんが、ジーンズなど足首まで隠れるパンツスタイルのときは、洋服に隠れるのでこれで外出もOKです。靴に入れたり、靴下に貼ったりするタイプのカイロはときどき熱くなり過ぎてしまいますが、これはそういったこともなく、本当にじんわり暖かく気持ちよく使えます。

この「めぐりズム」は肌に直接貼るのですが薄くて目立たず、洋服を着ると本当に貼っているのがわかりません。また、8時間くらい温度が持続するので外出の時にも使えて大変便利です。
が、正直言って少々お値段が張ります。

スポンサードリンク

あずきのチカラ(首肩用)/桐灰

あずきのチカラの画像

そこで、家にいて特に冷える日とか、冷えてなかなか寝付けない、などという時にとてもいいのが桐灰の「あずきのチカラ(首肩用)」です。これは首から肩を「あずき」の入った袋で覆って温めるもので、レンジでチンして30分程度暖かさが持続するというものです。繰り返して250回使えるので、毎晩使っても余裕で一冬持ちます。「蒸気の温熱シート」と違って貼ったまま外出はできませんが、特に冷えた日の夜などに家で使うには、リラックス効果もあり経済的でとてもいいです。

余談ですが「あずきのチカラ」にはアイピロー型の「目元用」もあって、疲れ目にも大変良く効きます。私は寝る時に使っていますがとても気持ちよく寝付くことができますよ。

おすすめの温活 ~ショウガで代謝UP編~

生姜の画像

血流や代謝を上げるものと言えば運動やスパイシーな食べ物が思い浮かびますね。中でも代謝を上げ身体を温める食材、と言えば一番に思い浮かべるのはショウガではないでしょうか。
でもそのショウガ、すりおろして紅茶やお味噌汁に加えるだけはないんです。

ある日、本屋さんで「ショウガ酢」で痩せるという本を目にし、ちょうど、そろそろ本気でダイエットしなきゃと思っていた私は早速立ち読み(^^;)、うろ覚えで帰宅し早速作ってみました。とはいえずぼらな性格ゆえ、材料、分量は適当です。特に身体に良さそうな黒酢(このときは「ミツカン純玄米黒酢」を使用)と皮付きショウガ、お酢をそのまま飲むのはつらいので黒砂糖とはちみつ、それに身体によさそうなレモンを用意しました。作り方も適当に自己流で、黒酢はそのままだと酸味がきついと思いお鍋で一度沸かし、そこにショウガのすりおろしと黒砂糖、はちみつを加えます。冷めたら密閉容器に移して輪切りレモンを加え常温に保存です。お酢の量はショウガがひたひたに浸かるくらい、黒砂糖とはちみつの量はお好みです。これをコップに少量入れ、水や炭酸水で割って毎日1杯飲んでみたのです。おろしショウガは豚肉の生姜焼きに使ったり、炊き立てご飯に混ぜてショウガご飯にしたりしていただきました。

効果は驚きでした。ダイエットという当初の目的はなぜかまったく達成されませんでしたが(^^;)、気づくと夏でも欠かせなかった靴下や羽織ものが今年は不要になっていました。24時間だるくてむくんでいた脚も、気づけば不快感が消えていました。私の夏の不快感は、大幅に改善されていたのです。実は以前から勝手に「ショウガラー」を自称し日頃の食事にもショウガを多用していた私ですが、今ひとつ冷えに効くという実感はありませんでした。なのに、この「はちみつ黒酢ショウガレモン」は初めて効果が実感できて驚きました。

ショウガは身体を温める食材として数年前からブームですが、後で調べてみると、実は3種類の代表的な有効成分があって、それぞれ期待される効能が違い、「温め効果」にも違いがあるようです。それはジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールの3種類で、ジンゲロールは生の状態のショウガに含まれる爽やかな辛味成分で、免疫力を上げたり手足を温める作用があります。それに対してジンゲロンとショウガオールは、ジンゲロールが過熱や乾燥によって変化した物質で、より強い辛味があり、強い抗酸化作用や消炎鎮痛効果、体内の深部で熱を生み出す効果があります。

簡単にいうと、生のショウガは身体の内部の熱を末端に届けることで手足を温め、過熱または乾燥ショウガは熱を作り出すことで身体の中を温めるということです。私が酸味を飛ばすために一度沸騰させた黒酢の中にすりおろしショウガを加えたことが、結果的にショウガを少し過熱することになり、内臓から冷えていた私にはとても良いものになっていたようです。また、代謝の促進や疲労回復にとてもいいアミノ酸、酢酸、クエン酸、ビタミンB群やCといった栄養成分が、黒酢とレモンにたくさん含まれていたことで、血行促進とともに基礎代謝、水分代謝が促進され、結果的に冷え取りに大変効果的なものとなっていたのです。

この「はちみつ黒酢ショウガレモン」はずっと続けたいと考えています。いつかダイエットもできればなおいいです。

おすすめ温活 ~筋肉を増やす編~

女性の画像

女性が男性よりも冷えに悩まされやすい理由の一つに筋肉量の少なさがあります。女性はもともと男性より身体に筋肉が付きにくく量も少ないため、体内に熱を生み出しにくいんですね。
そうは言っても筋肉を増やすのは、正直いって大変です。定期的に運動をしている場合は別ですが、普通の主婦は家事と買い物くらいしか身体を動かす機会がありません。

でもあるとき、息子が部活で膝を痛めて通っていた鍼灸院の先生に、家で手軽にできる運動はないか聞いてみました。すると「踏み台昇降」がいいと言うのです。小学生の時、体力測定で1分間に何回出来るか図った、あれです。先生が言うには、階段1段分くらいの踏み台さえあれば、天候も時間も関係なく家の中のどこでもできるし、とても手軽で効果的な有酸素運動なのだそうです。自宅でできる筋トレというと「スクワット」がすぐに浮かびます。確かに、スクワットは少ない回数で効果的に筋肉を鍛えられると運動として定評があります。しかし、実は正しくやるのは難しい。ちゃんとできているのかどうか自分でチェックもなかなかできません。一方踏み台昇降は筋トレというより有酸素運動ですが、なにより簡単で続けやすさの点から考えると私にはより向いていると思えました。

ただし難点が一つ。それは「つまらない」こと(^^;)です。でも、テレビを見ながらやれば大丈夫です。私は子どもが小さかった頃に使っていた踏み台をテレビの前に持ち出してやってみました。鍼の先生は20分やりなさいと言ったので、テレビでお笑い番組を見ながら20分目指してやってみました。

やってみるといきなり20分はけっこう大変で、10分くらい続けたあとは5分毎に少し休んで、20分なんとか続けることができました。これだけでも、スマホの万歩計は3000歩くらい増えました。家の中でテレビを見ながら3000歩の有酸素運動は、汗をかいて太ももの筋肉痛にもなりましたが、それだけに「運動してる感」があってなかなかいいものでした。踏み台昇降が効率的な運動であると言われる理由は、太ももの筋肉、(「大腿四頭筋」っていうらしいです)を最もよく使う運動だからです。(スクワットも同様ですね)これは身体の筋肉の中でもっとも体積が大きく、それだけ効果が高いのだそうです。そこを鍛えることで筋肉量を増やし、熱をより多く生み出せるようになることを目指すわけですね。この運動については、私はできるだけ毎日(必ず毎日、ではないのですが)続けています。これで筋肉量が増えているのかどうかは、正直言ってわかりません。でも、以前はよく感じていた太ももの「ひんやり感」を感じることが減っているのは確かです。まだ20分やると息が上がり足も疲れますが、もう少し慣れたら時間を延ばそうと考えています。

まとめ

私が実際にやって効果を実感した温活、いかがでしたか。繰り返しになりますが、冷えのタイプは人それぞれです。ですからこの方法がどんな方にも合うかどうかはわかりませんが、少しでも冷えに悩む同士の皆さんのお役に立てればと思います。温活の道のりはまだまだ遠く続きますが、「冷たい女」返上目指して頑張りましょう。

スポンサードリンク