皆さん、「脚のむくみ」にお悩みではありませんか。朝履いてきたブーツが、夕方になると脚がパンパンで入らない、なんていう悲しい経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなつらい「脚のむくみ」の原因を知り、対処法やむくみ解消のおすすめグッズをいくつかご紹介します。

まずはむくみの正体を知ろう

見た目の悪さだけでなく冷えや疲れも助長させる憎き「むくみ」。そもそも脚の「むくみ」とはどんな状態で、何が原因で起こることなのでしょうか。

「むくみ」とはどんな状態?

人間の細胞と細胞の間には間質液と呼ばれる水分があります。「むくみ」とは、全身に張り巡らされている静脈やリンパ管の流れが滞ったり、水分量の調節がうまくいかなくなったりしたときに、外側に水分が漏れ出して間質液が増加して溜まってしまっている状態をいいます。平たく言うと余計な水分がうまく回収されず溜まってしまっている状態ですね。

ではそんなことになってしまう原因はなんでしょうか。

脚のむくみの原因とは

多くの女性が悩まされている「脚のむくみ」は、一般的に夕方以降に辛くなりますよね。私たちの体内では、心臓がポンプのように血液を送り出し、その血液が動脈を通って水分や栄養分を各細胞に供給しています。それと同時に、細胞内で不要となった水分や老廃物は、静脈やリンパ管に回収されて再び心臓へ戻ってくるという循環をしています。しかし、その静脈やリンパ管の流れが何らかの原因によって妨げられると、戻ってくるべき水分や老廃物が回収されず溜まってしまいます。

通常、脚の静脈の血液は心臓に向かって、下から上へと重力に逆らって流れて行きます。ですから静脈には血液の逆流を防止する弁が備わっています。また、足の筋肉が動くことによってポンプの役割をして脚の血流は促されています。

しかし、長時間立ったままや座ったままの姿勢が続くと、足の筋ポンプの機能が低下し、心臓に向かって戻っていく血流が停滞します。すると静脈が細胞からの不要な水分や老廃物を回収しきれなくなり、それが溜まってむくみにつながっていくんですね。

また、上で述べたように、足の筋肉は動くことで血液を循環させるポンプの役目を果たしていますが、日常的な運動不足によって筋肉が衰えているとそのポンプがうまく機能しなくなり、血流が滞りやすくなります。また、同時に足先の毛細血管への血流も妨げられることになり、冷え性や血行不良を引き起こすため、さらにむくみを悪化させるという悪循環に陥ることもあります。

このように、日中頑張って働いている私たちを悩ませる「脚のむくみ」。いったいどのように解消していったらいいのでしょうか。

これですっきり!むくみを解消しよう

これまで見たように、むくみの基本的かつ直接的な原因は水分の停滞です。ですから、水分を摂りすぎないようにすることはむくみ解消の基本中の基本と言えます。そのために特に気を付けたいのは塩分を摂り過ぎないということです。他の病気の予防のためにも塩分の多い食事は避け、薄味を心掛けるようにしましょう。

また、摂りすぎてしまった塩分を外に出すのを助ける栄養素として特に摂りたいのはカリウムです。カリウムには余分なナトリウムを排出し体内の水分量の調節を助ける働きがあります。さまざまな食材に含まれていますが、摂りやすいのはほうれん草やカボチャ、バナナ、アボカド、海草類やココアなどです

しかし、気を付けて水分や塩分を控えて野菜や海草を一生懸命食べても、なかなか逃れられないのが脚のむくみですよね。ここからは、むくんでしまったときの解消法やおすすめのお助けグッズにはどんなものがあるか見てみましょう。

脚のむくみをやっつけよう!

一日立ち仕事だったり、座ったきりのデスクワークが続いたりすると、夕方どうしても脚のむくみが気になります。「たかがむくみ」「よくあること」と放っておくのは禁物。むくみを長期間放置すると冷えをより助長したり、病気につながっていく可能性もあります。

脚のむくみのケアの方法は大きく二つに分けられます。一つは即効性のある運動やマッサージ、もう一つは日常生活の中で予防も兼ねてできる着圧ソックスなどの利用です。

むくみに即効!リンパマッサージ

脚の画像

むくんでしまった脚をすぐに何とかしたいときは、リンパマッサージがおすすめです。リンパマッサージなんて、エステやリフレクソロジーのサロンに行かないとできないのでは?とお思いの方もいるかもしれません。もちろん、時間とお金に余裕のある方はそういった場所でプロにお願いするのがいいですね。でも、基本を押さえれば自分でも手軽に行うことができます。

今回ご紹介するのは、私が以前通っていた産婦人科で女性の院長先生に教わった方法です。そのころは私もまだ若かったので今ほどむくみに悩まされていませんでしたが、教わったとおりにマッサージすると確かに脚が軽くなるのが感じられました。

やり方はこうです。

準備として両手のひらを数回こすり合わせ手の血行を促します。冷たい手でやるより、温かい手でやった方が効果的なのだそうです。

・まず太ももの付け根(そけい部と呼ばれる場所)を15回~20回程度擦ります。
・次に膝から上に向かって片足ずつ、両手を使って数回なでていきます。太ももは太いので前、両脇、裏側というように、数回に分けて擦っていくといいです。
・次に膝の裏を下から上に、やはり片足ずつ両手で交互に15回~20回程度擦ります。
・次にくるぶしから膝まで、太ももと同じように片足ずつ、両手を使ってなでていきます。
ふくらはぎは手で後ろからつかむようにして下から上へ擦るといいです。
・足首は前側を左右にこすったら、後ろ側のアキレス腱を指で挟むように両側から擦ります。
・手の指と足の指をからませて握って(自分の手と足で恋人つなぎですね(^^;))足首をぐるぐる回します。
・足の裏はかかとの方からつま先に向かって両手の親指で数回押していきます。
・土踏まずも同じようにかかと側から両手でゆっくりめに押し上げます。
・最後に足の指を小指から一本づつ、手の親指と人差し指で根元から指先方向へマッサージします。指の両脇も忘れずにやりましょう。
・仕上げはやはり1本ずつ足のつま先を持ってぐるぐるしたらぴんっと引っ張っておしまいです。

リンパは皮膚のごく近くにあるため、マッサージに強い力は必要ありません。優しくなでるように指や手のひらを滑らせていくとよいそうです。簡単なマッサージですが寝る前にやると脚がすいぶん楽になりますよ。

また、乾燥が気になるこれからの時期は特に、必要以上の摩擦はお肌の大敵です。マッサージをする時にはぜひマッサージクリームやオイルを使いましょう。

マッサージオイルで私が使っていておすすめなのはフランスのコスメブランド、クラランスの「アンティ・オー」と、ご存知無印良品の「ホホバオイル」です。

「アンティ・オー」はむくみケア用のオイルで、お風呂上りのまだ濡れている脚に使います。このオイルでマッサージした後、水で流す必要があるのでお風呂場に置いて使っています。正直、お値段が張るので毎日バシャバシャ使う、ということは私にはできないのですが、とにかく香りがいいので、ハーブの香りが苦手でない方にはとてもおすすめです。

一方無印良品の「ホホバオイル」は、数あるボディオイルの中でもリーズナブルなお値段で使えると人気の商品ですね。少量のボトルでも販売されているのでお試しで使ってみることもできます。このオイルは水で流す必要はないので、温かい部屋の中で使うことができます。滑りがよくないと感じたときには化粧水や水をまぜて使うこともあります。「ホホバオイル」はむくみ用のオイルという訳ではなく、身体中のどこに使っても大丈夫です。これからの季節には頼りになりますよ。

履くだけケア 着圧ソックス・ストッキングのおすすめ

脚の画像

マッサージには即効性がありますが、気持ちや時間のゆとりがある時でないとなかなか落ち着いて取り組めません。一方、どんなときも履いているだけでむくみを予防・解消するソックスやストッキングは、忙しい私たちの強い味方ですよね。最近はテレビのコマーシャルなども盛んに行われ、多くの商品が発売されています。

スポンサードリンク

着圧ソックス・ストッキングを選ぶ際に必ずチェックしなければならないのが、締め付けの
強さの表示で、hPa(ヘクトパスカル)で表記されています。この数値が上がればそれだけ強い引き締め効果が期待できるわけですが、締め付けが強ければいいというものではありません。強すぎる着圧は逆効果の場合もあります。むくみの程度や着圧ソックス使用歴など、自分のむくみ具合に合ったものを使うようにしましょう。

着圧ソックス・ストッキングは一般的に足首が一番圧力の数値が大きく、上に行くにつれて小さくなるように設計されています。通常、太もも5~15hPa、ふくらはぎ10~20hPa、足首20~30hPa程度で十分な効果が得られるようです。一方、日常的に長時間の立ち仕事をしているなど、むくみの程度が高い、「むくみ上級者(?)」の方は、足首が35~40hPaの市販されている中でも最高レベルの着圧のものや、場合によっては医療用のソックスを履かなければあまり効果が感じられないこともあります。

ここでは私が試してみたものを中心にいくつか注目アイテムをご紹介します。

最近むくみが気になり始めた方には…

まずはむくみケア用ソックスの王道「ドクターショール メディキュット」シリーズです。このシリーズは何と言っても商品のラインナップの多さと価格や購入方法の手軽さが魅力です。最も基本的なハイソックスタイプから、ロング、スパッツ、ストッキング、タイツなどいろいろな形があり、着圧も足首で16 hPa程度から医療用と同等の35hPaのもの(「おうちでメディキュット ひざ下 つま先あり 高圧力」)までさまざまです。

この「メディキュット」シリーズと「エレキバン」で有名な「ピップ」の「スリムウォーク」シリーズはむくみケアのソックス類としては最も多くの人の目に触れ、普及しているものではないかと思います。その最大の利点はドラッグストアで買えることです。

お買い物と言えば最近はパソコンやスマホで「ポチ」が主流になってきていますが、むくみケア用のソックス・ストッキングは一般のものに比べて高額なものがほとんどです。加えて、圧力の数値をよく見て買おうと言われても、むくみケア初心者には数値だけでは実際どの程度の圧力なのか想像もつきません。買った後できつすぎて履けないというようでは無駄になってしまいます。

だからこそ、初めての方は特に、ドラッグストアでの購入を私はおすすめします。ドラッグストアの着圧ソックスコーナーには、ほぼ必ず「サンプル」が置いてあり、実際に手に取ってどの程度の圧力なのか知ってから購入することができるからです。もちろん通販でも合わなければ返品できますが、正直言って面倒臭いですよね。

私も初めてむくみケア用のソックスを買ったときは「寝ながらメディキュット ロング」を近所のドラッグストアで買いました。サンプルを見て、材質や肌触り、圧力の程度を確認してから買えたので安心して使い始めることができました。

「メディキュット」シリーズで私が昨冬から愛用しているのが「クイックリフレ ショート」。これはひざ下からくるぶしまでのショート丈ながら、ふくらはぎ21hPa足首31hPaという充分な着圧です。もともとはオフィスで仕事中や車での移動中など場所を選ばず、2時間程度の着用でむくみを解消する、という目的で開発されたものですが、この「くるぶしまで」という長さはとても使い勝手がいいのです。

この商品は、ひざ下からくるぶしまで、つまり「筒状」であることがポイントです。筒状であるため、ストッキングやソックスの上からでも、手軽に履いたり脱いだりできるのです。だから「場所を選ばずどこでも使える」ということなんですが、私が便利に思ったのはその点だけではありません。

むくみ常習者の私でも、毎日着圧ソックスばかり履いていられるわけではありません。パンプスを履きたい時も、フットカバーだけにしたい時もあるし、夏にはやはりサンダルのおしゃれを楽しみたいとも思います。そんなとき、長めのパンツを履いていれば、その下にこの「クイックリフレ ショート」を履いてこっそりむくみケアができるんです。

冬場は基本的に靴下を履きますから、むくみケア用品も着用しやすく、日中から対策が取れます。しかし、素足になる夏場は冷房の冷えなどむくみやすい環境は変わらないのに、ケア用品が使えず辛い思いをしてきた方は多いのではないでしょうか。私はそうでした。ストッキングも靴下も暑くて履く気がしないのに、脚はいつものようにむくんでしまって辛かったのです。

でも、今年の夏は違いました。さすがにスカートや短めのパンツのときは諦めましたが、特にむくみが心配は日には長めのパンツにして、その下にこの「クイックリフレ ショート」を履いてむくみケアをすることができて、本当に助かりました。夏のむくみケアに困っていた方、特にふくらはぎが辛い、という方は試してみたらいかがでしょうか。

むくみにずっと悩まされている方には…

「むくみ常習者」の私が最近「すばらしい!」と思って注目しているのは株式会社グラン・ブルーから発売されている「キュットスリム」シリーズです。シリーズのアイテム数はメディキュットほど多くはありませんが、こちらはストッキングタイプの商品が充実していて、全体に「むくみ常習者」向けのラインナップという印象です。

欧米諸国の医療用着圧ソックス・ストッキングは着圧の高いものが比較的多いため、むくみ常習者になればなるほど、これらの輸入品を一度は使ったことがあるかと思います。日本の医療機関でもむくみの治療用にすすめるのはドイツ製やスイス製の着圧ソックスである場合が多いようです。

しかし、欧米のソックス・ストッキングには大きな問題があります。当然ですがこれらは欧米人の体型に合わせて作られているため、多くの場合日本人には長すぎます。また、ストッキングは治療を目的としているためか見た目にはあまり配慮がないようで、透明感はほぼ皆無で、おしゃれは諦めなければなりません。

私自身も以前はドイツ製の着圧ソックスを愛用していました。程よい着圧で普段使いにはとてもいいのですが、なにしろ長くてSサイズでもひざ下で折り返して履いていました。また、イタリア製の治療用のストッキングをお土産にいただいて履いてみたこともありましたが、ストッキングというよりは「肌色のタイツ」で、ストッキングとして使うことはできませんでした。

しかし「キュットスリム」シリーズは、この「サイズが合わない」「おしゃれじゃない」という欧米系着圧ソックス・ストッキングの二つの不満をなくしてくれます。医療用に耐える着圧を持ちつつ日本人のサイズに合わせた設計と、ストッキングの見た目を普通のストッキングにかなり近づけている点で、むくみ常習者の悩みをかなり軽減してくれると思います。着圧ストッキングはある程度の厚みがどうしても必要なので、普通のストッキングと同じようにはいきませんが、それでも欧米系の着圧ストッキングとはずいぶん違う感じがします。

いずれにしても、むくみの悩みは人それぞれです。より多くのケア用品が市場に出て、それぞれが自分に合った製品をますます手軽に選べるようになるといいですね。

注意が必要なむくみとは

ここまで脚のむくみの解消法やケア用品を見てきましたが、中には毎日一生懸命ケアしているのに、脚がいつもむくんでいる、もう何年ケアを続けているかわからない、という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな慢性化したむくみは、病気のサインということもあるので、放置するのはよくありません。

脚のむくみを伴う病気で最も一般的なのは下肢静脈瘤です。これは、血液の逆流を防ぐために静脈にある弁が壊れてしまい、血液が逆流して足に溜まってしまう血管の病気です。命に関わる病気ではないそうですが、進行すると湿疹やかゆみが現れ、重症化する場合もあります。自然に治ることはないそうなので、朝になっても消えないむくみが一週間以上続くようなら、一度お医者さんに診てもらいましょう。病院に行く場合は循環器内科に行くといいそうです。

慢性化したむくみは、この他にも肝臓、腎臓、心臓といった内臓の病気の可能性もあります。「たかがむくみ」と軽視せず、早めに受診しましょう。

まとめ

脚のむくみの解消法やケアグッズについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。私自身、脚のむくみ歴○年という常習者ですが、いかに現代の大人の女性がむくみやすい環境にいるのか、改めてわかりました。長時間の仕事、冷房、運動不足など足の血流に良くないことが、私たちの生活にはとても多いようです。

仕事で立ちっぱなし、座りっぱなしになってしまうのは避けられないとしても、できるだけ運動して筋肉を付けて、脚の血液を上に押し上げていく努力をしないといけないんですね。とりあえず、ウォーキングなど始めてみます!

スポンサードリンク