みなさんこんにちは。
このブログの読者には、私と同じように一日中座りっぱなしという人多いのではないでしょうか?
座り仕事ばかりの社会人、勉強中ずっと座っている学生など、日本で座り時間が長い人はたくさんいると思います。
今日はそんな座りっぱなしが多い人にぜひ読んでほしい記事です。

座りっぱなしのせいで不調が続く…

私は先ほども言ったように一日中座りっぱなしということが多いです。
午前中ずっと座り作業をして、昼ご飯を挟んだ後、午後もずっと座りっぱなし。

座る画像

実はこの座りっぱなしというのは、本当に健康に良くないそうです。
私もかなり影響がきていて、肩こり、腰痛、足のむくみ、頭痛などどれも座りっぱなしが原因だろうなという不調が目立ってきました。
そこで色々な本を読んだり、ネットの記事を参考に、できることをやってみたんです。
その結果改善された点がたくさんありました。
みなさまにもぜひ試していただきたいなと思ったのでこの記事を書いています。

座りっぱなしはダメだった

私が試した改善法を書く前になぜ座りっぱなしがダメなのかという話をしたいと思います。
今人々は座りっぱなしでパソコン作業をしたり、勉強をしたりするせいで、猫背や前のめり姿勢が癖づいてしまっています。
この癖のせいで、頭を胴体の上に乗せる正しい姿勢ができないようになり、腰痛、肩こり、むくみなどが起こりやすい姿勢を続けるようになってしまっているのです。
これは不調が起こるのも当たり前ですよね。

体の不調を改善するためにできること

それでは実際に私が試した改善法と結果をまとめていきます。
どれも私には効果があり、今では腰痛も肩こりも軽減されました。

椅子に座っているとき

座っているときにできることがいくつかあります。

前のめりを避ける姿勢づくり

まずできることはなるべく椅子の奥まで腰掛け、背もたれを使いながら作業することです。

椅子の画像
先ほども言った不調の原因は前のめり姿勢です。
しっかり奥まで腰掛け、背もたれを使うことで前のめり姿勢を防ぐことができます。
このときしっかり座骨で座っている意識を持ってみてください。
座骨で座ることで、背中がピンと張った状態で座ることができるようになります。

スポンサードリンク

さらに工夫をこらす

しっかり奥まで腰掛け、座骨で座る意識を持ってもやっぱり前のめり姿勢になってきます。
それはやっぱりその姿勢が癖づいているのと楽だから。
つまり前のめり姿勢ではなく、正しい姿勢が楽な状態を作りましょう。
そもそも椅子の作りは日本人に合っていません。
ですから、自分に合った椅子に座る、つまり環境づくりが大事です。
椅子を買い替えることができれば一番いいです。
しかしそれは難しいと思いますので、足台を使って膝と股関節の関係性を調節しましょう。
足がぶらぶらしているのは問題外です。
できれば足台を作って、股関節の高さより、膝が若干高いか同じくらいの高さまである姿勢にします。
それだけで前のめり姿勢が楽な姿勢ではなくなります。
本を積み上げて足台にすることも可能なのでぜひ試してみてください。
自然と前のめりになる回数が減ると思います。

足を組みたくなる人は

座っているとき、足を組むことが癖な人もいると思います。
足を組むことは、骨盤をゆがませてしまうので、よくありません。
もしくは足が組みたい=既に骨盤がゆがんでいる可能性が高いです。
こういう人は、足を組む方の座骨の下にタオルなどを敷いて高さを出します。
そうすることで、骨盤のゆがみが補正され、座っているのも楽になります。

普段の姿勢から意識する

椅子に座っているときだけでなく、普段の姿勢も意識すると座りっぱなしの悪影響を抑えることができます。
普段立っているときは、お尻をしめるような姿勢を意識してみてください。
お尻をしめるように立つと、前のめり姿勢でなくなり、下腹も凹みます。
私も普段から姿勢が悪かったのですがこういう意識を持つようになってから、猫背が改善されました。
意識の問題で変わるの?と思うかもしれませんが、変わります。
やってみてください。

ストレッチをしよう

どれだけ姿勢を変えてもやっぱり座りっぱなしはよくないです。
可能なら30分に一回は席を立つようにしましょう。
席を立つだけで、座りっぱなしの悪影響は軽減されます。
気分もすっきりしますよね。
またそれが難しいという人は、座りながら腰を反らせるようなストレッチをしてみてください。
前のめり姿勢が続くことは危険なので、腰を反らせることで、反対の動きをします。

座りっぱなしも怖くない

今日は私が試した座りっぱなしの体調不良を防ぐための方法を紹介しました。
もともと姿勢が崩れがちだったのですが、座り方を意識してみると疲れ方が全然違うことがわかりました。
初めの方は、背筋をピンとした姿勢はきつそうだな、続かなそうだなと思っていましたが、やってみるとこの姿勢の方が楽になってきます。
座りっぱなしは寿命が縮まるというくらい体に悪いことです。
しかし座りっぱなしで仕事をしないといけない人は現実かなり多い問題です。
少しのことでも改善されますので、ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク